検索
  • 中津川まろん

ウィメンズホイールチェアマラソン2022

ウィメンズホイールチェアマラソン2022

バンテリンドームを9時スタート!

ウィメンズマラソンの10kmの地点にフィニッシュが設けられエントリーされた10名の選手全員が無事ゴールしました。



選手のサポートに入る愛知県障害者スポーツ指導員、エスコートスタッフは2週間分の検温、抗原検査、マスク、フェイスシールドを着用し、アルコール消毒液を携帯し感染対策を万全にして活動に臨みました。






収容車両が稼働することもなく、コロナ禍の中で窮屈な制限がたくさんありましたが、安心できる安全な環境下を自分たちで意識しながらの活動でした。




また、ドーム内マラソンEXPOが開催されている一画では愛知県障害者スポーツ指導者協議会の体験ブースが置かれ『車いす試乗』『ボッチャ体験』などで指導員が活動しました。



選手のみなさま、名古屋にお越しいただきありがとうございました。

気持ち良く走っていただくために、精一杯のサポート、おもてなしをさせていただきました。

移りゆく時代の流れの中で歴史を重ねてきたウィメンズホイールチェアマラソンも『新型コロナウィルス』に翻弄されつつ、その時1番安全な形で走っていただけるよう工夫を凝らしています。

また、来年、笑顔のみなさまにお会いできますことを楽しみにしております。


広報委員会

閲覧数:18回0件のコメント